×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オール電化のメリット・補助金・エコキュート・普及率はどの位なの?


スポンサードリンク


オール電化のメリットとデメリットは意外と知られていない!

オール電化のメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか?よし、お父さんオール電化にしちゃうぞって感じでオール電化にした時のメリットとデメリットはどんなのか?オール電化にした時のメリット

・ガスを使わない事での火災保険料の優遇割引

・光熱費の削減。

 

しかし、注意しなければいけないデメリット部分もあるので後で書こう。

・代表格であるIHクッキングヒーターの掃除は平らなので楽チン楽チン

・電気・ガスのライフラインが止まった時でも電気は復旧が早い場合がある(意外とガスより電気・水道の方が必要なので復旧が早いメリットがあったりする)

 

オール電化にしちゃった事へのデメリット・新築住宅の場合でオール電化にしてしまうとガス管をわざわざ引かないので、将来的に家庭用燃料電池「エネファーム」を利用するのに大規模な工事が必要になってしまう。

 

・既存の鍋とかが使えなくなる可能性がある、これはIH専用やIHも使えると表示がない鍋やフライパンをIHで使うと本当に壊れるので注意が必要だ。

・オール電化にすると電力会社のプランを大抵は深夜電力割引に変更するが、昼間は逆に割高になるので昼間に専業主婦(主夫)がオール電化前のように使ってしまうとトータルでみたら高くなっていたという意味がなくなってしまう(これが上で書いたデメリット部分)

 

・給湯は基本的に深夜の時間にお湯を作るが、貯水タンクが空になったらお湯が出てこない。夜型の人間が利用すると翌日のお湯が深夜の間に作れなくなってしまうかもしれないのだ。・その貯水タンクのメンテナンスはもちろん必要。

 

・大規模な停電があった時にすべてが使えなくなってしまう・IHクッキングヒーターが発する電磁波が人体への影響がまだわかっていない当たり前ながらメリット部分が強調されているオール電化だがメリット部分もあればもちろんデメリットがあるものだ。

 

新築でオール電化にする、既存住宅でオール電化にするのも自分たちのライフサイクルなどを考慮した上でメリット、デメリットを考え検討するべきだね。